テイエム技研  
 
会社案内 製品情報 採用情報 サイトマップ お問い合わせ テイエム技研
 
建材
製品一覧
MAXウエブレン
I,II型ウエブレン
ビッグレン
計算プログラム
・現在工事中です
MAX-E 工法
工法
計算プログラム
メンテナンス情報
ホームへ戻る
ホーム > 製品情報 > MAXウエブレン

MAXウエブレンnew

MAXウエブレン ウエブレンの性能を維持し低価格での提供を実現するために、形状を一筆書きとし素材の溶接を無くし生産コストの低減を図りました。素材は高強度筋(σy=785N/m)とし、ウエブレンの多重リングの考え方を踏襲し施工性,強度等より優れた製品としました。

(財)日本建築センター評定 BCJ評定-RC0097-06
製品カタログ(PDF)製品カタログ(PDF)
(BCJ評定-RC0097-06をアップしました。最新ファイルのダウンロードをお願いします。)

適用範囲

MAXウエブレン
(1) 使用材料
  コンクリートと鉄筋の使用材料と組み合わせは以下とする。
    コンクリート:Fc=21〜80N/m  
    鉄筋(主筋): SD295A,SD295B,
SD345,SD390,
SD490,SD590,
SD685,
    鉄筋(あばら筋): SD295A,SD295B,
SD345,SD390
      685N,785N/m 級鋼または 1275N/m 級鋼
    MAXウエブレン:785N/m 級せん断補強筋ストロングフープ用棒鋼

(2) 開孔径及び位置
  a)開孔径(H)
    あばら筋に普通鉄筋を用いる梁 100mm≦H≦750mm
    あばら筋に高強度鉄筋を用いる梁 100mm≦H≦450mm
    開孔の形状は円形または多角形とし、梁成の1/3以下とする。 (多角形の場合は外接する円形とみなす。) (下図参照)
  b)開孔中心間距離(L)
    開孔中心間距離は、隣り合う開孔径の平均の3倍以上とする。(下図参照)
  c)柱際から開孔中心までの距離(L')
    柱面から梁成以上離すこととする。(下図参照)
  d)へりあき最小寸法
    へりあきの最小寸法は、「建築工事共通仕様書(国土交通大臣官房官庁繕部監修)」により以下とする。
      梁成 450mm≦D<700mm へりあき 175mm
      梁成 700mm≦D<900mm  へりあき 200mm
      梁成 900mm≦D

へりあき 250mm

MAXウエブレン
  e)梁が交差する場合の梁面から開孔中心までの距離
MAXウエブレン

ダウンロード情報new

技術マニュアル、評定書、標準仕様書などをダウンロードする方は「ダウンロードページへ」のボタンをクリックしてください。
ダウンロードページへ
ダウンロードページでは、技術マニュアル(PDF)、製品図(DWG, DXF)、標準仕様書(A3 DWG, DXF)、評定書(PDF)がダウンロードできます。

計算依頼

計算をご依頼される場合は、ウエブレン計算システムデータ入力表をダウンロードして必要事項を入力し、メールに添付して送付してください。データの入力に際しては、入力要項を参照してください。
計算終了後、メールにて返送いたします。なお、計算結果はPDFファイルとなります。
計算依頼の申込み
Copyright (c) 2005 TM GIKEN Co., ltd. All Rights Reserved.